為替 介入の効果

為替 介入の効果

為替介入について

為替介入の意味合い

為替介入について記載しています。為替とは通貨の価値のことを言います。世界の経済は為替の変動によって動いています。円高ドル安や円安ドル高などという言葉をよく報道で耳にすることがあると思いますが、一般の投資家が通貨の売買をしてもそれは投資行為であって「為替介入」とは言いませんね。

為替介入とは一般的に外国為替市場において相場に影響を与えることを目的に政府が行う売買のことを言います。別名を「外国為替平衡操作」とも呼ばれています。日本の場合、財務大臣の権限において日銀が財務大臣の代理で為替の売買を行います。為替介入の目的は円相場を安定させるために行われます。急激な為替レートの変動は経済に大打撃を与えてしまいます。

最近ではアメリカのサブプライム問題によるドルの急激な下落が世界経済にただならぬ悪影響を与えたことは記憶に新しいところですね。そこで政府は為替の急激な乱高下を防ぐために為替市場に介入して売買を行うのです。世界経済の基幹通貨はアメリカドルなので急激な円高ドル安の場合は円売りドル買いで介入し、急激な円安ドル高の場合は円買いドル売りを行って相場変動の幅を小さくすることを試みるのです。

為替介入は財務大臣の権限の元に行われますが、実際の介入を行う(代行する)のは日銀の為替担当者です。つまり財務大臣が陣頭指揮を執り介入のタイミング、金額、方法などは財務省市場課を介して日銀為替担当に伝えられる事になっています。為替介入の為の資金は政府の「外国為替資金特別会計」、通称:外為会計が使われています。

介入の種類には政府日銀が自ら市場に参加する単独介入、複数の通貨当局が協議の上で介入する協調介入、海外の通貨当局に対して介入を求める委託介入、逆に海外の通貨当局から委託されて政府日銀が市場に介入する逆委託介入があります。政府が意図的に為替市場に介入するというのは自由貿易のルールからするとイレギュラーなことになります。しかしながら国全体の経済が沈みがかかっているとき、国内の経済を保護するのもまた政府の重要な役目なのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 為替 介入の効果 All Rights Reserved